コラム

ハゲ予防(防止)に効く食べ物は?食事+サプリで若ハゲ対策を万全に!

更新日:

ワカメとか海苔って、昔から髪の毛に良いと言われて育ちませんでしたか?うちのおばあちゃんだけでしょうか?

私は海藻は育毛に良いと信じていました。

ネットでも育毛に効く食材を検索すると、海藻や大豆などが上位に来ています。

なんだか検索すればするほど、これがおすすめっていう食べ物が出てくるけど…。

結局どの食べ物がいいの?って思っちゃうんですよね。

把握できたところで、すべての食べ物を食べられるわけでもないですし。

そこで私がたどり着いた解決策を紹介しましょう。

ズバリ、育毛サプリを活用するんです。これ、いい案でしょ?

薄毛予防!育毛にオススメな3つの栄養素

薄毛を予防したいという人にオススメしたい栄養素があります。

体と同じで、髪の毛も人間が食べた栄養素から作られているのは間違いありません。

どのような成分をとるべきなのか。優先したい3つの栄養素を紹介していきますね。

薄毛予防(防止)にはタンパク質!

タンパク質といえば、筋トレに欠かせない栄養素ですが、筋肉以外にも必要とされている大切な栄養素だということをご存知ですか?

肉や血液、皮膚、臓器、髪の毛などにタンパク質は深く関係しており、生きていくうえでも欠かすことができない栄養素です。

例えば、ボディービルダーが積極的に摂るプロテイン。筋肉量を多く・強くしたいために飲んでいますが、プロテインはタンパク質の1種。

典型例ですよね。

じゃあ、髪の毛を増やしたい時も同じようにタンパク質を摂ればいいの?と思ってしまいますが、ちょっと違うんです。

詳しく言うと、髪の毛はケラチンというタンパク質でできているのですが、このケラチン、食べ物からは摂取することができないのです。

タンパク質(アミノ酸のもととなる)

18種類のアミノ酸が体内でケラチンを生成する

髪の毛の材料となる

というシナリオでケラチンが作られて髪の毛の材料となるんですよね。

ちょっと複雑…。直接摂取できれば嬉しいんですけどね。

ケラチン形成促すアミノ酸は18種必要!

髪の毛はケラチンというタンパク質からできていますが、アミノ酸がないと形成されないんですよね。

この数はなんと18種類ですが、すべての種類において同量必要なわけではありません。

特に多くの量を必要とするのが

  • シスチン(17.2%)
  • グルタミン酸(13.8%)
  • アルギニン(9.1%)

18種類のうちこの3つが大半を占めています。

中でもシスチンは多くの量を必要とするため意識して摂取できるといいですね。

シスチンを含む食べ物は

  • 小豆
  • ピーナッツ
  • オートミール
  • パスタ

植物性のタンパク質に多く含まれています。

薄毛予防(防止)にはミネラル!

亜鉛もまた育毛には欠かせない大切な素材となります。

ケラチンは髪の毛の材料となり、タンパク質をケラチンにするためには18種類のアミノ酸が必要ですが、さらにこの亜鉛の力も重要となって来ます。

生成するためにはもう1つ重要な成分が欠かせないのです。それが、ミネラルの1つ亜鉛です。

ケラチン生成に使われるという重要な役割の他にも、血液中のヘモグロビンを生成するという大事な役割も担っています。

亜鉛が不足すると、

  • ヘモグロビンがつくれない
  • 貧血を起こす
  • 血行不良になる
  • 毛母細胞に酸素が送られない

よって起こり得る症状は、

亜鉛不足によって起こる症状

  • ケラチンが作られない
  • 髪の毛の材料となる栄養素が回ってこない
  • 毛母細胞の働きが沈下

育毛に限らず、重要な栄養素であることがわかりますね。

薄毛予防(防止)にはビタミン類が必要

さらに重要な素材として、ビタミン類が挙げられます。これは髪の生成に直接的に関わるわけではないのですが、とても大切な栄養素。

ビタミンは頭皮環境を健康にする効果や、その他の栄養分の九州を助ける効果が期待できます。

それぞれを簡単に紹介していきます。

ビタミンA頭皮の乾燥を抑える
(不足すると乾燥しフケが増える)
ビタミンB1・B2糖質からのエネルギー生成を助ける
(毛母細胞の分裂のエネルギーに)
ビタミンB6ケラチン生成を助ける
ビタミンB12・葉酸毛母細胞の分裂を促す
(DNA生成に深く関係している)
ビタミンCタンパク質と亜鉛の吸収を助ける
ビタミンE血液をサラサラにする
(血行不良を防いでくれる)

どのビタミンの働きも大切なのですが、中でも注目しておきたいのが、ビタミンB6とB12と葉酸。

「ケラチン生成」に関わる・「毛母細胞分裂を促す」効果、とっても魅力的ですよね。

ハゲ予防(防止)必須栄養素を含む食べ物は?

様々な栄養素の中から特に意識して摂り入れたい成分として、タンパク質・亜鉛・ビタミン類を紹介しました。

どの栄養素も重要な役割を果たしてくれる成分でしたよね。

ところでこれらの栄養素、どのような食べ物から摂取できるのでしょうか。

薄毛予防(防止)となる食材を一挙に紹介!

ここまでに紹介して来たタンパク質・亜鉛・ビタミン類の栄養素を豊富に含んでいる食材をご紹介します。

日常の食事に取り入れてみてください。

主なものを抜粋して紹介していきますね。ぜひ参考にしてみてください。

タンパク質(シスチン)大豆製品・小豆・オートミール
亜鉛牡蠣、豚レバー
鉄分レバー、卵黄
ビタミンAレバー、モロヘイヤ、ニンジン
ビタミンB1豚肉、青のり
ビタミンB2レバー、のり
ビタミンB6ピスタチオ、ニンニク、マグロ
ビタミンB12シジミ、赤貝、筋子
葉酸レバー、のり、枝豆
ビタミンC柑橘類、芽キャベツ、ピーマン
ビタミンEアーモンド、筋子、アンコウの肝

※タンパク質はシスチン含有量が多いものを優先
※鉄分は吸収率の高いヘム鉄を含む動物性ものを重視
※ビタミンAは過剰摂取になりにくいβカロチンを含む植物性物を優先

抜粋してみると…こんなに揃えられないって思ってしまいますね。

薄毛予防(防止)追加の4成分

ここまでタンパク質・亜鉛・ビタミン類を3つの栄養素をご紹介しましたが、それだけではまだ不十分。

さらに4成分を追加して、育毛の効果を高めましょう。

紹介する4つの成分の効果も見逃せません。チェックしてみてくださいね。

コラーゲンも薄毛予防(防止)に良い!

頭皮が乾燥してしまうと、かゆみが起きたりフケが出てしまうことがあります。

頭皮は、体の中でも紫外線を受けやすい頭部は、乾燥しやすいので特に注意したい点なんですよね。

フケがひどくなると毛穴につまり、髪の毛の成長はストップ。さらに細菌が感染して炎症を起こしてしまうと粃糠脱毛症の原因になってしまいます。

これを防ぎ、改善してくれるのがコラーゲンです。

含まれる食べ物は、

  • 鳥皮
  • 軟骨
  • 豚骨
  • 牛スジ

一緒に脂肪分も摂ってしまう可能性があるので、食べ過ぎないよう意識しつつ取り入れてみて下さいね。

イソフラボン&カプサイシンも薄毛予防(防止)に良い!

イソフラボンとカプサイシンを同時に撮ると、薄毛予防にいいという実験結果があります。

毛母細胞の分裂を促進させる効果が期待できるIGF-1の生成量を増やせることが確認されています。

実は、男性より女性の方が髪が伸びやすいのは、女性ホルモンがIGF-1を増やす働きがあるため。

これを知ると、イソフラボンとカプサイシンのIGF-1生成効果、かなり期待できますよね。

ちなみに、イソフラボンは女性ホルモンと似た作用が期待できるため、AGAの原因もなる男性ホルモン由来物質DHTの働きを抑制する効果も期待できるんですよ。

イソフラボンを含む食べ物

  • 豆腐
  • 納豆
  • 豆乳 など

カプサイシンを含む食べ物

  • キムチ
  • 豆板醤
  • トウガラシが含まれている食べ物 など

できれば一緒に摂ってくださいね。

フコイダンは薄毛予防(防止)に良い!

フコイダンをご存知でしょうか?あまり知られていないかもしれませんが、海藻のヌメリ成分といえばわかりやすいと思います。

フコイダンとは、めかぶやもずくといった海藻のヌルヌルに含まれている成分です。

毛母細胞の分裂を促してくれるFGF-7の生成量を増やしてくれる効果が期待できるんですよ。

昔から「海藻類を食べると髪が伸びる」なんて言われていますが、それはこのフコイダンの効果のことを言っていたのかもしれませんね。

ちなみに、チャップアップやイクオスの主成分に含まれているM-034というのはこのフコイダン由来成分

育毛剤の主力に使われるほど、頼もしい成分なんですよ。

ノコギリヤシはハゲ予防(防止)に良い!

これまで紹介してきた成分は髪の成長力を高めるためのものになります。

そして、ノコギリヤシはこれまでのものとはまた違います。

そう、脱毛を防ぐ効果が手薄になっています!その役割を担ってくれるノコギリヤシの存在を忘れてはいけません。

抜け毛予防!DHT抑制効果は必須

異常な抜け毛を減らすことがAGA治療で重要となってきます。それにはDHTを抑する必要があります。

処方されるプロペシアにはDHTの生成を抑制する効果が期待できるんですよね。

プロペシアといった薬を使わず食べ物からハゲ予防の成分を摂取しようと思うのであれば、「DHT抑制効果」のある成分を摂らなくてはいけません

その成分というのが、ノコギリヤシです。

実際にAGAの症状を発症している人が毎日ノコギリヤシエキスを320mg、約2年間にわたって摂取したところ、約4割もの人が改善したというデータがあります。

同時に摂取しすぎても副作用が出なかったというデータも報告されています。

効果も安全性も実証済み。ノコギリヤシ、積極的に摂りこみたいですよね。

ノコギリヤシが含まれる食べ物は…

と言いたいところですが、実は日本では食べ物で摂取することができません

ではどうするべきなのか。

実は、育毛サプリで摂取するしか手段がありません

薄毛予防(防止)は育毛サプリがオススメ!

これまで薄毛予防に良いとされる栄養素を色々挙げてきましたが、普段の食事で取り入れることは可能でしょうか?

難しそうな食材もあったのではないでしょうか。そんな時に、手っ取り早いのは育毛サプリの存在です。

そこでおすすめなのが、ノコギリヤシの摂り入れ方でも紹介した「育毛サプリメント」による補給です。

ハゲ予防(防止)におすすめな育毛サプリ

育毛サプリの有名どころをあげると、

各育毛サプリで取り入れられる成分を紹介しつつ、比較してみましょう。

イクオスサプリEXチャップアップサプリボストンgungun(ぐんぐん)フェルサ
タンパク質×
ビタミンA×××
ビタミンB1×
ビタミンB2×
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸×××
ビタミンC××
ビタミンE××
亜鉛〇 12mg〇 4mg×〇 3mg
大豆抽出物〇 100mg×〇 20mg×
カプサイシン××
コラーゲン〇 100mg×〇 100mg×
フコイダン××××
ノコギリヤシ〇 300mg〇 300mg〇 100mg

この比較表からわかることは、チャップアップサプリとgungunは主要となる成分を配合しながらも容量を公表していないこと。

本当に配合されているの?と疑われてもおかしくないですよね。

公表しているイクオスやボストン、フェルサと比較して見劣りしてしまうポイントとなってしまっています。

そしてもう1点、イクオスサプリEXはピックアップした成分を全部網羅している点を見逃してはいけません。

ハゲの原因はコレ!と特定することは不可能。様々な要因が考えられるので、できるだけ多く成分を取り入れて対応したいですよね。

そうなるとイクオスサプリEXのラインナップは、とても頼もしいんですよね。

薄毛予防(防止)に良い育毛サプリのコスパ対決

育毛サプリは各社から売られていますが、配合成分や値段も様々です。育毛は長い目で見ることが大切なので、始める前にしっかりとチェックしておきたいものです。

ちょっと基本的な情報もチェックしてみたいと思います。

イクオスサプリEXチャップアップサプリボストンgungunフェルサ
配合成分数46種類23種類27種類25種類23種類
最安価格4,730円4,980円5,212円3,980円5,691円
解約条件初回OK紹介OK3回受取3回受取初回OK
全額返金なしなしなしなし30日間

ここでもズバ抜けた数値を記録しているのがイクオスサプリEXです。

配合成分数もそうですが、コスパの良さにも注目。

イクオスサプリEXは、育毛サプリ業界に“敵なし”といった感じを受けますよね。

まとめ!薄毛予防(防止)に効く成分を効率的に摂る方法

薄毛予防(防止)に必要な栄養素や食物を多数ご紹介しましたが、現実的に日々の食事で取り入れるのは難しいことがわかりました。

ノコギリヤシを毎日食べるとか、現実味が全くありません。

結局のところ、最終的には全ての悩みを解決してくれる育毛サプリにいきつきましたね。

さらには、育毛サプリの中でもイクオスサプリEXが優秀であることがわかりました。

イクオスサプリEXの魅力は、

  • フィーバーフュー
  • ミレットエキス
  • ヒハツエキス
  • メチオニン

など、様々な有効成分が配合されている点。

イクオスサプリEXならハゲを防止する成分をたっぷり摂取できるのです。

コストパフォーマンスの点でも断トツおすすめ!

イクオスサプリEXで手っ取り早く・効果的に有効成分を摂取してハゲ予防(防止)に努めて下さいね。

-コラム

Copyright© イクオスは効かないのは嘘?体験して理解した効果と7つのメリット! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.