Chim↑Pomは、廃墟となる歌舞伎町振興組合ビルを丸々一棟使い、日本では約3年ぶりとなる大規模な新作個展の発表と、音楽やパフォーマンスのライブ、トークなどのイベントのオーガナイズによるプロジェクト『明日もまた観てくれるかな?』〜So see you again tomorrow, too? 〜を開催いたします。
展覧会のテーマは「scrap and build」。「2020年東京オリンピックまでに」をスローガンにビルの建て直しや再開発が進む、現在の東京という都市の姿に迫ります。

また、会期中には展示とまじりあいながら、森山大道や園子温、会田誠など日本を代表するアーティストたちをはじめ、どついたるねんやNatureDangerGangなど気鋭のミュージシャン、鉄割アルバトロスケットなどのパフォーミングアートや劇団、歌舞伎町にまつわる人々らによる、ライブやトークイベントを複数回開催。DommuneやTocacocan、chuunといったwebチャンネルによってライブストリーミングされます。イベントの出演者は、本プレスリリースと、第2段のプレスリリースの2回にわけて発表いたします。
会期は10/15〜31のみ!新宿歌舞伎町のど真ん中に2週間だけ出現する奇跡の空間と現象に、ぜひご注目ください。