endon_%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%99_hadfield

ENDON

2006年エクストリームミュージックの決定的な更新を目論み結成。

2007年より現行の体制となる。また同年よりイベント”TOKYODIONYSOS”を立ち上げ以後定期的に開催。

2011年にミニアルバム”ACME APATHY AMOK”をリリース。

2013年ユーロツアー敢行。スイスロザンヌで開催されたフェス”LUFF”でJello Biafra,FOETUS,The Haxan Cloak,EMPTYSETらと共演。

2014年にDaymare Recordingsより初のフルアルバム”MAMA”をリリース。同音源のリミックスEPシリーズ”BODIES”にはリミキサーとして、Justin Broadrick(GODFLESH他),VATICAN SHADOW,NARASAKI(COALTAR OF THE DEEPERS/特撮),石原洋(WHITE HEAVEN/THE STARS),GOTH-TRAD,MERZBOW,ATSUO(BORIS)らが名を連ねた。

2015年にはAaron Turner(ISIS, MAMIFFER, OLD MAN GLOOM, SUMAC ほか)が主宰する「Hydra Head Records」より”MAMA”のヴァイナル・ヴァージョンをリリース。同年にはGODFLESHのジャパン・ツアーの全日程に帯同。

2016年にはTRASH TALKのジャパン・ツアーに参加。

また、ライブハウスシーンに限らず、対レイシストのダンスパーティ「CLUB CRAC」やGOTH-TRAD主宰の「BACK TO CHILL」、BLACK SMOKERとDJ NOBUの「FUTURE TERROR」による「BLACK TERROR」など東京のナイトシーンも賑わせている。